ニュース | News

News

2019.10.15

トラストガーデン荻窪

デザインコンセプト:
<建築>
荻窪別墅-Villas
別荘のような、緑や優しいあかりに囲まれた空間でゆったり過ごす。
かつて住んでいた邸宅にあったような、匠の技やカスタムメードデザインを演出します。
キーワード..なつかしさ、色彩、ぬくもり、匠の技.門構え、自然との一体感
外観イメージ:大庇と塀構えで邸宅のイメージを表現する。
庭園イメージ:そぞろ歩きの庭
<インテリア>
大正から昭和初期にかけて文化人や作家、芸術家らが移り住んだ荻窪の洗練された地域文化を継承するように、「匠美(たくみ)モダン」をインテリアデザインのコンセプトとしました。
「匠」はかつての邸宅に見られたであろうオーダーメイドのこだわりの意匠を表し、「美」には気品と風格の意味を込めて、これらをモダンなデザインとして調和させています。
エントランスは豪華さではなく入居者を暖かく迎え入れる玄関として位置づけ、そこから続く庭園に面した吹き抜けのラウンジは、暖炉と書棚を設えた迎賓のための応接間として見立てており、四方を取り囲む特徴的なルーバーが開放感と落ち着いた優雅さを両立させています。
館内随所には、作家とデザイナーが協議を重ねて生み出されたオリジナルのアート作品が設置されており、荻窪という地名の由来である「荻の穂」や、かつての武蔵野の原風景を想起させるイメージなどを再解釈したモダンアートが、歴史ある地での暮らしを特別なものとしています。

News

2019.07.31

名古屋マリオットアソシアホテル コンシェルジュラウンジ

2019年4月19日、JR名古屋駅真上にある名古屋マリオットアソシアホテルの15階にオープンした新装エグゼクティブラウンジ「コンシェルジュラウンジ」。

12M近い天井高さの吹き抜け空間をいかに活かしたインテリアにするかが課題となったリノベーションプロジェクトです。

インテリアコンセプトは「Maison de Serre メゾンデセーレ-温室のある邸宅-」。
320㎡の広いラウンジを5つのテーマエリアに分け、様々に居心地の良い空間として設えました。

「Welcome Living ウェルカムリビング」はチェックインエリアをシックで落ち着きのあるリビングルームとして演出。ラウンジ中央にはジュエリーショーケースをイメージしたブッフェコーナー「Jewelry Buffet & Live Kitchen」が華やかさを作り出します。

吹き抜け空間はコンセプトである温室をイメージに「Conservatory Dining コンサバトリーダイニング」として大きな窓からの自然光と緑あふれる空間、一段上がった「Wood Terrace ウッドテラス」には一枚板の木のビックテーブルと室内に居ながらアウトドアのような開放感を表現し、また、一画にはデザインされた本棚や暖炉を設えた「Library Lounge ライブラリーラウンジ」が寛ぎの空間を演出するなど、巨大なスペースをそれぞれ印象的でラグジュアリーなインテリア空間として生まれ変わりました。

光とグリーンに溢れる暖かい空間と煌めきのディスプレイをシックで落ち着きのあるインテリアでまとめた、ダイナミックかつ上品なデザインのラウンジです。

Recruit

2019.03.22

スタッフ募集

職種:
①建築設計デザイン ②インテリア設計デザイン

勤務地:
東京

採用条件:
①建築デザインが得意の方
②ホテル・飲食施設のインテリア設計

詳細:
履歴書を郵送してください。

 

連絡先:
管理部 鈴木 裕行
〒105-0004 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル6階
tel 03-6430-9012
hiro_suzuki@kkstokyo.co.jp

Award,News

2018.12.08

ANDREW MARTIN 世界で最も優れた100人 入選

エクシブ湯河原離宮が”ANDREW MARTIN 世界で最も優れた100人”に入選しました。

※ANDREW MARTIN

1978年ロンドンに設立。インテリアデザインに関わる多様なサービスを提供する企業。同社は、「インテリア・デザインのオスカー」と称される「Andrew Martin Interior Designer of the Year Award」を主催し、一年に一度、世界の優秀なインテリア・ デザイナーを表彰しています。

写真:Forward Stroke Inc.

News,Publication

2018.03.28

KKS GROUP 作品集発刊

作品集『KKS Leading Hotel Design』を近代建築社より発刊いたしました。

本書は「成功するホテル&リゾート」をテーマにKKS GROUPの近年の日本・アジアのラグジュアリーホテル作品を中心に編集してあります。

観光大国を目指す国として富裕層対策は必須であります。気候、天気、伝統、食事という観光大国必須要件をすべて満たしながら、世界の富裕層誘致に未だ成功していない理由の一つとして、適切なホテルの不十分さが指摘されています。こうした状況に本書が少しでも参考になれば幸いです。

定価:5000円+税

amazon.co.jp、近代建築社(http://www.kindaikenchiku.co.jp/)にて販売中です。

1 2 3 4