ニュース | News

News

Award,News

2022.09.02

Singapore Good Design Award 2022 「The Clan Hotel」金賞受賞

弊社が携わった「The Clan Hotel」がSingapore Good Design Award 2022にて金賞を受賞いたしました。

Singapore Good Design Award Webサイト:https://sgmark.org/

受賞掲載URL:https://sgmark.org/winners/the-clan-hotel/

 
■The Clan Hotel
デザインコンセプト
このホテルのインテリアは全体的に濃い配色の木質&ブロンズを豊富に使用し、昔からある歴史的な建物の要素を取り入れた重厚感漂うデザインです。
エントランスロビーからのアプローチはあえて暗くミステリアスな空間を演出し、客室の廊下までつながっていきます。
客室は温かみのあるナチュラルなトーンを基調の配色となっています。
ザ・クランホテルは 元々港があったという地域がら、中国人の移民が多く、その人々の生活の中でできたコミニティーが世代を通して今の成功に至った、物語が元になっています。
モダンで都市的空間の中に、中国文化の要素を加えながら、ノスタルジックに浸ってもらことを意識し、デザインしました。

プロジェクト詳細はこちら:
https://www.kkstokyo.com/works/cate/interiors/4120/

 
■Singapore Good Design Awardについて
日本のGOOD DESIGNにより、2012年からシンガポール政府の情報文化省の組織である「シンガポールデザインカウンシル(DSG)」に協力して、シンガポールのデザイン政策に基づいた国家的デザイン賞の設立に協力してきました。2013年12月に、DSGの下部組織で、デザイン事業者のアソシエーションである「Design Business Chamber Singapore(DBCS)」と、デザイン賞およびデザインプロモーションに関する協力協定(MOU)を締結しました。2014年3月には、第1回の”Singapore Good Design Mark”(SG Mark)が開催され、日本からも専門家が審査に加わりました。グッドデザイン賞を通じてアジアの経済拠点のひとつであるシンガポール進出への機会も提供しています。

 
中段下段写真提供:The Clan Hotel Singapore

 

Award,News

2022.08.10

日本空間デザイン賞 2022 Longlist入選「Fukui French Aujus / ホテルリバージュアケボノ レストラン」

弊社が携わった「Fukui French Aujus / ホテルリバージュアケボノ レストラン」が 
日本空間デザイン賞2022 Longlistに入選いたしました。

日本空間デザイン賞Webサイト:https://kukan.design/

Longlist入選作品リスト掲載ページ:https://kukan.design/14360/

 

■Fukui French Aujus / ホテルリバージュアケボノ レストラン改修プロジェクト
デザインコンセプト
福井県の桜の名所、足羽川のほとりに立つ、ホテルリバージュアケボノ。
メインダイニングである日本料理をフレンチへ業態転換する計画であり、和食料理店、料亭の多い地域の中、フレンチレストランとして地域性豊かな福井の魅力を意識したデザインとした。

伝統工芸品である越前和紙に包まれた空間に、足羽川の川面に浮かぶ桜の花びら、その重なりをイメージした装飾スクリーン、桜の花びらを思わせるダイニングチェアー、天井カラー等、店名である「Aujus=桜樹」をモチーフに、ワントーンカラーの落ち着きあるモダン空間を表現した。
「福井を、美味しく、華やかに」をテーマに、福井の旬な素材を引き出すシェフの料理と、新たな福井らしさを表現した空間が一体となり、県民、そして県外の観光客にも福井らしさを感じられるFukui Frenchとなった。

Project More Info:https://www.kkstokyo.co.jp/works/cate/interiors/4396/

 
写真上:アラカルト席 写真中:アラカルト席 写真下:個室-1
撮影:Forward Stroke Inc.

 

News

2022.07.06

ハイアット プレイス 京都

デザインコンセプト
世界中で展開されているハイアットプレイスブランドが京都に進出するにあたって、旅慣れたゲストがいつもどおり気軽に居心地よく滞在できる事は今回の大切な条件でした。ゲストにとってはこのホテルは非日常の世界でなく、日常の延長線上の第二のホームのようなものです。
そのため京都を過度に強調するデザインではなく「京都の普遍的な心地良さとは何か」を追求し2つのコンセプトをデザインに折り込みました。

“つながりの空間”
京の町並みから通りへ、そのままウチにつながり、また町に抜けていく。
インテリアの中心に京路地のような軸線を通し、その路地を中心としてレセプションやラウンジ、バー、レストランを配置しています。この“ウチ”路地を作ることで町を渡り歩くかのようにホテルに入り滞在を楽しみ、そのまま奥に続くゲストルームへ帰ることができる、その町とのつながりを大事にしました。別館側の通りともつながるこのウチ路地は、天窓や格子窓からの自然光を感じられる居心地のよい空間となっています。
また、町の新しい路地としてファサードからも“ウチ”の通りを魅せることで“ソト”との関係性も大切にしています。

“京のひかりと影”
天窓や格子戸のように、京町家の空間でとても重要な意味も持つ光と影は、日中のデリケートな光を機能的にコントロールしながら、陰と陽のもつ表情が奥行きのある深み作りだしています。夜は行灯などの低い灯りが日中と全く違った表情豊かな演出を担っています。
この柔らかく多彩な“京のひかりと影”をモダンに応用し、今の時代のトラベラーに寄り添った演出として随所に取り入れました。

本棟1Fがパブリックエリアとなり、烏丸通りから両替町通りまでを繋ぐ“ウチ”路地として瓦敷の動線を設けています。京都作家の大胆なアートや瓦や格子、織物を取り入れながらいわゆる和風ではないインターナショナルモダンのホテル空間を実現しました。
標準25㎡の客室は、コンパクトながら非常に大きな窓を持ち、その先の庭や京都の町を取り込み面積以上の広がりを感じることができます。シンプルなデザインの中に必要な機能を全て取り込み、ダイニングにも使えるリビングエリア、デスクや移動しやすいスツール、ベッドになるソファ等、ゲストの目的に合わせフレキシブルに使うことができます。ヘッドボード上には柔らかに虹色の影が落ちるアートを設置しました。光の加減により強さが変わる影は、天候や時の移り変わりの奥行きを与えています。
 

写真上:風除室 写真中:ロビーラウンジ 写真下:ロビー
撮影:フォワードストローク

 

Award,News

2022.05.12

The LIV Hospitality Design Awards 入賞 「The Clan」「ウェスティン都ホテル京都”スパ”」

弊社がデザインに携わった「The Clan」、「ウェスティン都ホテル京都”スパ”」が
The LIV Hospitality Design Awards に入賞いたしました。

◼”The Clan” - Winner in Interior Design Asia

https://livawards.com/winner/special/2021/538/0/

◼”The Clan” - Winner in Interior Design Hotel – Midscale & Lifestyle

https://livawards.com/winner/liv/2021/438/0/

◼”ウェスティン都ホテル京都”スパ” ” – Winner in Interior Design Wellness ( SPA, Yoga, Retreat)

https://livawards.com/winner/liv/2021/480/0/

※The LIV Hospitality Design Awards :https://livawards.com/winner/liv/2021/
The LIV Hospitality Design Awardsは今日の世界のホスピタリティ業界を形成している建築ベンチャーとインテリアデザインプロジェクトの品質と多様性を称えるものです。
ホスピタリティ、建築、インテリアデザインの分野における才能と経験のある41人の専門家、著名な学者、起業家、デベロッパーからなる審査委員会が、43カ国から寄せられた400を超える応募作品の中から受賞作品を選出しています。
審査員は、各プロジェクトをそれぞれの長所に基づいて評価し、最も先駆的で画期的なデザインに報い、新しいコンセプト、イノベーション、持続可能な取り組み、物件のデザインストーリーに基づいて、傑出したものを選出されました。

 

写真:The Clan Hotel Singapore / Forward Stroke Inc.

News

2022.04.28

東京マリオットホテル フィットネス整備計画

デザインコンセプト
都会の喧騒から逃れた静かで穏やかな御殿山の穏やかな雰囲気に抱かれたホテル内のフィットネスクラブ。
都心にいながらにして、まるで自分の家のような落ち着きと居心地の良さを感じることができます。
清潔感のあるシックな白を基調とした内装に、ナチュラルで繊細な質感をモダンにアレンジした壁材や木目調の壁などが、自然で開放的なエクササイズを演出します。
利便性と静けさのコントラストが、居心地の良いフィットネスを生み出します。

 

写真提供:森トラスト株式会社様

1 2 3 4 5 6 11